プライバシーポリシー | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

プライバシーポリシー

有限会社 ディー・アーキテクツは、「http://www.d-architects.jp/」(以下「当ウェブサイト」と記します)をご依頼主様に安心してご利用いただくために、個人情報の保護についての法令を遵守し、適正な収集、利用、管理を所内において徹底することが最も重要であると考えています。当ウェブサイトをご利用いただく際にはこの個人情報保護ポリシーを十分にご理解いただき、同意をいただきました上で個人情報をご提供下さいますようお願い申し上げます。

1) 個人情報とは
当事務所が当ウェブサイトを通じてご依頼主様から提供を受ける住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス等、ご依頼主様個人を識別できる情報またはご依頼主様個人固有の情報をいいます。

2) 個人情報の収集
当事務所が当ウェブサイトを通じてご依頼主様より個人情報をご提供いただくことが必要な場合には、予めその目的を明示し、その必要な限度においてこれを行います。
個人情報を当事務所に提供することを希望されない場合、ご依頼主様自身のご判断により、その提供を拒むことができます。但し、この場合、当ウェブサイトにおいて個人情報が不可欠なサービスをご利用になれない場合がありますのでご了承ください。

3) 個人情報の利用
ご依頼主様にご提供いただきました個人情報につきましては、ご依頼主様に明示しました目的の範囲内で利用します。その目的の範囲を超えてご依頼主様の個人情報を利用する必要が生じた場合は、ご依頼主様に事前にその利用目的をご連絡します。ご依頼主様がご了解いただけない場合、ご依頼主様自身のご判断によりかかる利用を拒むことができます。

4) 個人情報の第三者への提供について
当事務所は、当ウェブサイト上においてご依頼主様よりご提供いただいた個人情報を、第三者に開示したり、譲渡したり、貸与したりしません。
但し、次のいずれかに該当する場合、その限りではありません。
・ご依頼主様の同意がある場合
・ご依頼主様のお問合せ内容に対する回答のために、当事務所の関連会社や協力企業に開示することが必要と認められる場合
・ご依頼主様に明示した収集目的の実施のために、事前に機密保持契約を締結した業務委託会社や協力企業に対して開示する必要がある場合
・統計的なデータとしてご依頼主様個人を識別できない状態に加工した場合
・人の生命、身体や財産等に対し差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
・法令に基づき司法機関、行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合

5) クッキーについて
クッキーとは、当ウェブサイトがウェブブラウザを通してご依頼主様のコンピュータのハードディスクに送る、英数字から構成されるIDのことです。当ウェブサイトのシステムは、これを利用してご依頼主様のブラウザを認識し、次回のご利用時までアクセス内容を保管するなどの機能を提供することができます。
ご依頼主様は、ブラウザの設定により、新しいクッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったとき警告を表示させたり、クッキー機能を無効にしたりすることができます。(その方法については、ブラウザのツールバーにある「ヘルプ」を参照して下さい。)
ただし、その場合は、当サイトの一部の機能をご利用いただけない場合があります。

6) アクセスログファイルについて
当事務所は、当ウェブサイトの利用傾向の分析、サイトの管理、ユーザー動向の探知、また集合的な使用の為の幅広い人口統計学的情報の収集に関してアクセスログ・ファイルを使用します。これにより、当事務所は、訪問されたページ、ページ滞在時間、サイトにアクセスする直前の場所、ユーザーのページ移動遷移の傾向ならびにブラウザおよびオペレーティング・システム等についての統計的なサイト利用情報を得ることができますが、個人特定情報の収集のために利用することはありません。

7) リンクについて
当ウェブサイトは、いくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、プライバシー情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当事務所では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトの個人情報取扱内容を必ずご参照ください。

8) 個人情報に対する安全対策について
当事務所は、ご依頼主様からお預かりした個人情報を管理する際は、管理責任者を置き適切な管理を行うとともに、紛失、破壊、所外への不正な流出、改ざん、不正アクセス等の危険に対して、適切かつ合理的な所内規定を整備し、ご依頼主様の個人情報の保護に努めます。

9) 個人情報に関するご依頼主様からのお問合せ等について
当事務所が管理するご依頼主様ご自身の個人情報について、ご依頼主様から内容確認・訂正・削除等の要請を受けた場合には、ご依頼主様の意思を尊重し、合理的な範囲で必要な対応をします。

10) 不可抗力的に情報が流出した場合の責任は負いかねます。