リノベーションの設計手法(その1) | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

リノベーションの設計手法(その1)

1.リフォーム・リノベーション内容の確認
最初にリフォーム・リノベーションを行う内容について確認します。
今までリフォーム・リノベーションを手掛けて来た経験の中から、多かった事項については以下のとおりです。
 
・風通しを良くし、明るい部屋にしたい。
・寒さ暑さを改善したい。
・二世帯住宅にしたい。
・段差を解消してバリアフリーにしたい。
・耐震性を確保したい。
 
面談時には既存建物の図面、確認申請書および検査済書の有無について確認します。既存建物の図面が無い場合は、実測を行い図面を作成します。また、建築確認申請書および検査済書が無い場合は、現行の建築基準法に照らし合わせて既存建物の法的位置づけについて確認します。
 
リフォーム・リノベーションと耐震診断のご依頼こちらから
http://www.d-architects.jp/contact/