温かい家のつくり方 | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

温かい家のつくり方(その4)

暖房設備の種類とメリット、デメリットについて学ぶ。
・ヒートポンプエアコン
メリット:扱い易い。冷暖房が出来る。バリエーションが豊富。比較的安価。
デメリット:風が吹く。暖房することで乾燥する。定期的にフィルターの掃除が必要。
 
・温水床暖房
メリット:低温輻射熱で温かさが心地よい。
デメリット:熱源設備スペースが必要。敷設した床に限られる。イニシャルコスト。
 
・電気床暖房
メリット:低温輻射熱。
デメリット:熱源設備スペースが必要。敷設した床に限られる。イニシャルコスト。
 
・薪ストーブ
メリット:鋳物輻射熱による柔らかい暖房。雰囲気が良い。
デメリット:立ち上がりに時間を要す。熱源コストと補給。排気による環境に難。
 
・電気式蓄熱暖房機
メリット:輻射熱放出による柔らかい暖房。換気が不要。
デメリット:電気代が不安定。設置場所の確保。小部屋には不向き。
 
・土壌蓄熱式暖房システム
メリット:低温輻射熱。1階の室温がほぼ一定。
デメリット:イニシャルコストとメンテナンスに不安要素。
 
・蓄熱式電気床下暖房システム
メリット:低温輻射熱。1階の室温がほぼ一定。
デメリット:イニシャルコストとメンテナンスに不安要素。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/