温かい家のつくり方 | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

温かい家のつくり方(その7)

温かい家をつくるポイント
これまで説明した事柄を整理すると以下のようなことになります。
・建物の断熱性能を高める。
・基本的に足下から暖める。
・床・壁・天井の仕上げには調湿効果があり、熱伝導率の小さい材料を使用する。
 
現代における高気密・高断熱の家は、結露やカビ、シックハウス症候群などを引き起こしてきました。その反面、伝統的な日本家屋は夏を基準にして作られているため冬は寒いけれど、それらの問題とは無縁でした。また、伝統的な日本家屋は構造や仕上げにおいても容易に修繕できるように作られていることも素晴らしいと思います。平安時代に生まれた十二単は、寒くなる毎に着重ねていくという日本における伝統建築と深く関わっていました。温かさのみを追求するのではなく、先人が作り上げた建築や風習を参考にして、居住空間を考えることも必要ではないかと思います。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/