温かい家のつくり方 | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

温かい家のつくり方(その6)

ホームページに掲載している住宅事例について紹介します。
・下鴨の家
shimogamo-l01

木造在来工法2階建て
家族構成:夫婦+子供2人
延べ床面積:138.28㎡
壁・天井断熱材:アクアフォーム
床仕上げ:ヒノキ無垢板厚15
壁・天井仕上げ:漆喰塗り
暖房設備:土壌蓄熱式床暖房+エアコン
熱源:電気・ガス
 
玄関に入った瞬間から温かさを感じ、1階はどの部屋もほぼ同じ温度。1階の熱が2階にも上がる計画としているので、2階部分も温かさが感じられる。
冬場の1階の室温平均は18〜20度。
 
・篠山アトリエハウス
sasayama-l02
木造平屋建て
家族構成:夫婦2人+子供1人
延べ床面積:182.15㎡
壁・天井断熱材:アクアフォーム
床仕上:パイン無垢板厚15
壁・天井仕上げ:珪藻土塗り
暖房設備:蓄熱暖房機+エアコン
熱源:電気
 
蓄熱暖房機はLDKと子供室をワンルームとした空間に設けて効果的に暖房。LDKと子供室は建具にて仕切ることが出来る。また、昼間は南からの日差しで暖められた室内温度も効果的に役立っている。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/