リノベーションの設計手法(その5) | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

リノベーションの設計手法(その5)

5.現況図面の有無の確認
リフォーム・リノベーションする既存建物の設計図面、確認申請書、検査済証の有無について調べます。建築基準法が制定された昭和25年以前であれば、図面や書類は無いので、現場調査と共に、実測を行い、図面を作成します。図面や確認申請書、検査済証が存在する場合は、検査済証をもとに現場での照合を行います。
 
図面を作成する場合には、以下の図面を作成します。
・各階平面図
・立面図
・断面図
これら作成された図面を元に、耐震診断を行い、改修後の図面を作成します。
 
改修前平面図 v2011
改修前立面図 v2011
改修前断面図  v2011
リフォーム・リノベーションと耐震診断のご依頼こちらから
http://www.d-architects.jp/contact/