家を建てる場合3 | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

家を建てる場合(土地探し編その3)

「重要事項説明書」および「ハザードマップポータルサイト」を確認した上で、土地の形状および状況を確認しましょう。新興住宅地のような土地であれば、盛土や切土が行われて造成されています。そこで注意しなくてはならないことは、造成されて数年しか経ていない盛土は、地盤耐力が低いため、地盤改良が必要となります。さらに、農地転用した土地や、沿岸部等の埋立地も地盤が悪いことが予想されます。また、山を切り盛りして造成した土地に関しては、擁壁の安全性の確認や、地滑りが起こる可能性が無いかの確認も必要です。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/