家を建てる場合(土地有りおよび土地探し編) | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

家を建てる場合(土地有りおよび土地探し編)

土地の形状や周辺環境はさまざまですが、すでに土地がある方も土地を購入される方も、法令事項(都市計画法・建築基準法・条例等)の確認、インフラ(電気・ガス・上下水道)の整備状況の確認した上で、基本計画図を作成します。基本計画図作成には、建築家、工務店、ハウスメーカー等に依頼することになりますが、それぞれご自身が信頼するところに依頼しましょう。建築家に依頼する場合は、設計料は発生しますが、工事発注に際しては見積りを徴収し、見積り内容のチェックを行います。また、工事期間中はクライアントに代わって工事に関する施工状況をチェックします。基本計画図が出来上がったら、それを元に地盤調査を行い、地盤耐力を調べます。もし、地盤状況が悪い場合は、地盤改良費が発生するので気を付けなければなりません。地盤が悪いと予想される土地は、土地探し編その3でも述べたように、造成地における盛土、農地転用地、埋立地等です。土地探しから家を建てる場合は、これまで述べたことを確認した上で購入することをお勧めします。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/