温かい家のつくり方 | 京都建築家設計事務所 |有限会社 ディー・アーキテクツ

温かい家のつくり方(その1)

まずは寒い国の暖房設備について学びましょう。
ドイツやフランスではセントラルヒーティングが採用されています。セントラルヒーティングは、熱源装置(ボイラーなど)を設置して、熱を暖房が必要な各部へ送り届ける暖房方式で、全館集中、中央暖房といいます。日本においては石油や重油を使ったボイラーが主として用いられてきましたが、建物の種類や規模によってはガスボイラーでの供給手段もあります。これらのボイラー熱で湯を沸かし循環ポンプにより各部屋へ循環させ、各室にはラジエーターを設置することによって暖房する設備です。メリットとしては、安全性が高い。空気を汚さない。騒音が無い。定期的なメンテナンスが不要。デメリットとしては、イニシャルコストが高い。適温になるまでに時間が掛かる。温度調節が出来ない。また、朝鮮半島においてはオンドルが知られていますが、現代では温水床暖房となっており、熱源はガスや電気です。ロシアにおいてはペチカと呼ばれる暖炉で、熱源は石炭、薪、石油などが用いられています。
 
新築のご依頼、ご相談はこちらから。
http://www.d-architects.jp/contact/